引越し業者に頼んで引っ越しをしました

 

先月、引っ越しをしました。

 

実家から一人暮らしを始めるために引っ越しをしたのですが、私は荷物が多くて、ダンボール箱50個くらいは軽く越えるほどでした。

 

引っ越しをするにあたって、引越し業引越し業者者に引越し見積もりをしてもらいましたが、引っ越し料金が20000円という格安の見積もりを出してくれたアリさんマークの引越社に引っ越しをしてもらうことにしました。荷物はベッドとソファーと大きなチェストとパソコンデスク、そして大量のダンボール箱に詰められた荷物でした。見積もりに来た営業マンは一番小さなトラックで大丈夫でしょう、と言いましたが、私はそれでは荷物は全部積み込められないな、と思いました。

 

案の定、荷物は一回では運びきれず、2往復して運んでもらいました。

 

同じ市内での引っ越しだったのでそれが可能でしたが、遠くに引っ越しした場合はもっと大きなトラックで一度に運んでもらうしかないだろうと思いました。
引越し業者の若い男性が二人やってきて、テキパキと荷物をトラックに運んでくれて、大量の衣類をハンガーラックの箱に詰めるのですが、一度に3箱しか運ぶことが出来ないので、2回に分けて運んでもらいました。

 

引っ越し先では家具の位置を指示して、そこに運んでもらったのですが、衣類がクローゼットに入りきれず、ダンボール箱の上に衣類を乗せて、ビニールでラップして置いて行くことにしました。私はその床に置いてある衣類をさげるために後日、ハンガーラックを買いました。20000円という破格の引っ越し料金だったなと思います。